Amazon JS プラグイン 操作について 続編


以前に、「Amazon JS プラグイン 操作について」というタイトルで中途半端な記事を書いたと思うのですが、今回はその補足説明といいますか、続編を書きたいと思います。以下の記事を参考にさせていただきました。

関連


つまり、常時SSL化することによって、「安全ではない情報を表示しようとすると判断される」というのは、言い換えると、「保護されているコンテンツのみ表示します」という事なのだろうかと予測し!それは!まさに!IEの事だろうと思ったのですが、恐らくその対処方法が書かれているのだと思われます。直接聞いたわけではないので確信は持てませんが。。

ということで、私がこの情報に対して付け加えたいことは、以下の事です。

WordPress4.9.1ではテーマの編集からcssを弄るのではなく、カスタムcssやcss編集から弄っていく方が良いということみたいですが、結局、今回も同様な考え方でcssではありませんが、プラグインの編集も、直接FTPから編集したほうが良いということです。

自爆しないようにしましょう!!!

管理人


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA